トップページ 検査のご案内

検査のご案内

超音波検査(エコー)

体に無害な超音波を当てて検査します。

超音波検査(エコー) 画像01 従来は、整形外科領域ではあまり使用されなかったエコーですが、最近は機械の進歩によりCT、MRIの解像度に負けないほどになり、整形外科領域の運動器 (筋、腱など)にも応用されるようになって来ました。当クリニックでは最新のデジタルエコーを導入し肩関節、肘(ひじ)関節、膝(ひざ)関節、大腿部(ふともも)、下腿(ふくらはぎ)などの検査を行ないます。野球、サッカーなどのスポーツ障害(野球肩、野球肘、膝の靭帯損傷、大腿部や下腿などの肉離れ、アキレス腱断裂、アキレス腱周囲炎など)、五十肩や肩の腱板断裂、軟部腫瘍(しゅよう)などを詳しく検査することができます。
エコーの利点は、①無侵襲であり、診察室で手軽に使える便利さがエコーにはあります。②検査中、患者さんと一緒に検査画面を見ることができ、その場で検査結果がわかります。③肩関節など動かしながら筋や腱などの動きを確認できます。④検査は痛みや危険性を伴わないため、繰り返し行うことができます。⑤その他の MRI、CT検査にくらべて検査費用が安くなります。⑥エコーを見ながら同時に治療ができます。これはエコーをみながら、痛みの原因となっている場所に注射の針を誘 導し確実にその場所に薬液を注入し痛みをやわらげることができます(エコーガイド下ブロック)。また打撲や肉離れによる血腫(血のかたまり)をエコーで認 めた場合なども同様にしてエコーガイド下で注射針を誘導し血腫を吸引します(抜き取ります)。

※超音波検査(エコー)は、人体に害が無いため妊娠中の方でも検査が可能です。

超音波検査(エコー) 画像02
リアルタイムに画像を観察できますので、その場で患者さんと画像を見て確認しながらの検査が可能です。
超音波検査(エコー) 画像03
実際に画像をプリントアウトし、気になる部位が見つかれば、写真を見ながらご説明いたします。
超音波検査(エコー) 画像04
ふとももやふくらはぎの肉離れ、アキレス腱周囲の炎症や断裂などの検査にも超音波検査を行います。

骨密度検査

骨粗鬆症の予防、早期発見のために、
骨密度検査を受けられることをお勧めします。

高齢化社会に伴い、骨粗鬆症(※1)の患者さんが増加しています。女性の場合、更年期以降にホルモンのバランスが変わりますので骨密度(※2)が大きく低下し、骨折しやすくなります。特に、大腿骨頸部(ふとももの骨)の骨折は、寝たきりの原因となる場合が多い危険な骨折です。骨折を防ぎ、骨粗鬆症を早く発見する為に、現在では骨密度検査は欠かすことのできないものとなっています。骨密度に関しての検査やお問合せは、お気軽に当院まで。

※測定ではX線を用いていますが、ごくわずかなので、安心して検査を受けていただけます。

※1 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は、骨量が低下することによって骨に鬆(す)が入ったような状態となり,もろく折れやすくなる病気です。
※2 骨密度とは、簡単に言えば骨の丈夫さや硬さのことです。これが低下すると骨がもろくなり骨折しやすくなります。

骨密度検査 画像

レントゲン室で、椅子に座り片手を入れるだけで検査の準備が整い、約30秒間で検査測定が終了します。負担が少ないうえ、正確でスピーディな検査です。

ページの先頭へ

当クリニックへお越しの患者さんへのご案内(アクセスマップ・診療時間等、当クリニックへお越しの際はご確認ください)
施設のご案内(当クリニックがご用意している充実の施設と機器をご案内いたします)
検査のご案内 エコー・骨密度(痛みの原因をエコーで診断骨密度測定も可能)
医療福祉相談室(通院・入院などに関するお悩みをご相談下さい)
永野整形外科クリニック
【TEL】0745-77-2121
香芝市旭ケ丘4丁目2番地1
<診療時間>
午前9:00~12:00
午後4:00~7:00
<休診>
木曜日午後、土曜日午後
日曜日、祝日